千年単位でモビットが利用できるのは最近

昔は無理だったが今では千円単位で利用できるモビット

昔と今を比較するのはそんなに意味があるかといわれると、非常に悩ましいところですけれども、貸金業の歴史はすごく進んできているのは間違いありません。昔は貸金業というものは本当に不便なもので、利息だってちゃんと法律で決まっているものでも無く、かなり闇の会社が横行していたのです。そしてそういうものだ、というふうに考えていた人も多かったわけですが、今はそうではなくなりました。

もう少しだけ前の話で言えば、借り入れの時や返済の時にお金を千円単位で使うことができませんでした。今では考えられないかもしれませんが、ATMやCD自体が対応していなかったのです。もっと言えば100円札なんていうものもありましたし、500円札というものもあったために、そういったものとの区別をつけるのが難しかったのです。ですから、千円単位で借り入れや返済を行おうと思ったら、事務所に行って返済をする以外には方法はなかったのです。

今はATMが非常に進んでいて技術が上がっているので、千円単位でも借入が可能ですし、返済も可能になっています。モビットの専用機だけではなく、提携しているATMをつかってモビットを利用しても、千年単位での借り入れや返済は可能です。とは言え今のところはまだまだ1円単位までの対応というのはできていません。コンビニなどの提携ATMはそこまでの機能を備えていないところが多いので、1円単位となるとモビットの場合は振込をするのが一番手っ取り早くなっています。どうしても金利支払いなどがありますから引き落としか振込をする以外に完済をすることは難しいとされているのです。

もしかすると昔は一万年単位でしか借り入れや返済も出来なかったものが千円単位でできるようになったわけで、今後は100円や1円といったものにも対応していく可能性もあります。今は現金の引き出しが基本のモビットなどのカードローンもさらに進化して、デジタルマネーとしてチャージすることもできるようになるかもしれません。今後どのように進化していくのか、貸金業界は非常に注目ですよ。