自営業は自由で楽に見えるがモビットは必須

自由な自営業だがお金や借金には苦労しがち

サラリーマンで働いている人、時給で働いている人に取っては「自営業で働いている人は楽そうだな」と思うようです。確かに自営業は自由なイメージがあるかもしれませんが、自由なだけではありません。実際に自営業にもいろいろな種類があって、弁護士事務所のようなところも自営業ですし八百屋や肉屋のようなものもあれば、マッサージや整体と言ったものもあります。またインターネット系の仕事をしている人や保険代理店の仕事をしている人などもいて、結果的に自営業も同じように働いていて、時間や取引先に拘束されることが多いので、以外に自由が聞かなかったりします。

加えて自営業の人はモビットなどを利用している人は多いです。借金をしている人が多いのには理由があって、それだけ生活が安定しないのです。自営業で仕事をしているとどうしても借り入れをしなければ生活できないくらい、儲けがない時が出てきます。儲けがないから借入をして、そのお金を使って生活をして、なんとか事業を回していくということはよくあることです。自営業者の人たちはモビットなどの借金からは離れられないのです。

加えて更に大きな仕事をしていこうとするとモビットなどのカードローンから、銀行や信用金庫などからお金を借りないといけません。数人の従業員を雇っている会社は確実に何らかのお金を借りていると思ったほうがいいでしょう。モビットの場合は自営業の事業に対してお金を貸してくれない制度になっていますから、ビジネスローンを別で組んで使っているのです。サラリーマンは自分の仕事にお金を借りてまで行う必要がないので、圧倒的に自営業は自由かもしれないですがリスクの部分では自営業の方が高いと言えます。

というように自営業というのは自由は確かにあるかもしれないですが外から見ているほど、自由ではないということです。そしてモビットを使わないといけないほどお金に困ることもあるし、さらに借金をして事業を回して行かないといけない時もあるので、どちらかと言うとサラリーマンの方が楽なんじゃないか?というふうに見えることもあるのです。