人によってキャッシングの必要書類が違う

必要書類を提出しなければならない借入枠は人や業者で変わる

お金持ちの人ほど信用されてお金がない人はあまり信用されないというのは古今東西いつも続いていることです。お金はひとつの社会的信用でもありますから、お金を沢山持っている人イコール立場が高い人であったり社会的に重要な人物というような考え方が世界中にはびこっています。

これを変えることは出来ないと思いますが、そういった立場やお金を持っているかどうかによってかなり人間というのは変わるのだなと思うのがモビットを使う時です。モビット以外のキャッシングも同じですが、たいてい必要書類というのは人を見て変えてくるのです。

モビットなどのキャッシングを使うときに必要書類というのがありますが、その必要書類が人によって必要だったり不必要だったりするのです。この辺りはモビットだけではないですし、全体的に社会がそういう判断を下しているんだろうなというのがわかります。

例えばですがお金をあまり持っていないフリーターの場合はお金を沢山借り入れすることができません。当然返済能力がないからというふうに思われているわけですが、借入枠を広げるために必要書類を提出するように言われます。収入を証明するものなど、かなり早い段階から言われるのです。一方の正社員で大企業で働いているような人手あれば、こういった必要書類を要求されることはあまりありません。それどころか、必要書類がなくてもかなりの額まで借入をすることができるのです。免許証とそこで働いてるという証拠さえあれば、それで十分借り入れをすることできます。働いている場所や収入によって必要書類が必要なラインというのが全然違うので、この辺りは社会を反映しているのだろうなと思います。

大企業や公務員として働いている人は信用されて、主婦やフリーターは信用されていないというのがモビットを利用しているとわかってきます。人によって全く提出しなければならない必要書類が違うのですから、こういったことは差別のように思う人もいるかもしれません。ただ、もう仕方ないことであり、日本だけではないことですから気にしないで生きていくしかないでしょうね。