金利のルールを知ってモビットを使おう

業界標準として借り入れが多いほど低金利になる

「金利に関するルールがわからない」という人がいます。「金利が低いものだと思ったら、実は高くてびっくりした」という人は、カードローンを借りるときに書かれてある範囲の金利から、自分で好きなものを選べるものだと思っていたというのです。ただ借りてみると書かれてある金利の一番高いものが適用されて「どういうことなんだ?」と迷ってしまったようです。

ここまでとは言わないですが、一般的に金利に関するルールを正しく理解している人が多いとは言いがたい状況になっています。ルールを正しく理解していないと恥ずかしい思いをすることになりますし、できる限り知っておいたほうがちゃんとした借入ができて、計画的に返済をしていけると思います。

まず金利のルールとして借入の額が低い場合は高くなるという関係があります。借入額というのは借入そのものの額と言うよりは借入の枠が小さい場合です。例えば10万円の枠と200万円の枠をもらっている人では、まったく借入の時の金利が違ってきます。高くなればなるほど金利は低くなるのでたくさんのお金を持ってたくさんのお金を稼いで返済することが出来れば、一番有利な金利で借り入れできるといえるでしょう。当然大企業が借りている何千億円という単位のお金は借入金利がかなり低いのです。

もう一つがモビットでも同じなのですが元々もっと高い金利でやっていたということです。そして今は最高金利が20%で、たいていのモビットを含めて18%で対応しているところがほとんど言うことです。なぜならこれは10万円以上の貸出をするときには18%までしかつけてはいけないと決まっているからなのです。だからモビットを利用しても他のところを利用しても10万円以上借入をしていながら18%以上の金利を付けることが出来ないのです。ちなみにこれは業者からすると低い金利なので、もっと稼げるのであれば高い金利を付けたいと思っています。法律的に出来ないので諦めているわけですが。

このような金利のルールをある程度知っておかないと自分でも損をしますし、恥をかいてしまいますから最低限のルールだけは知っておいたほうがいいでしょう。