信用情報をローン会社が共有している理由

様々なローンは関連して信用が使われている意味とは

ローンを組んだり借りたりするのは今や当たり前になっていて、どんなにお金持ちの人でも自動車や不動産などを買うときにはローンを組んでいます。先進国ではアメリカで特にその傾向が強くて日本もそれを追ってどんどん借金をするのが当たり前になってきています。もちろんローンをしすぎてあまりにもお金がなくなってしまうようなことや多重債務になることは避けなければなりませんが。

こういうローンを組むということに対して多くの人が理解しておいたほうがいいことが信用情報の使われ方です。信用情報を使うというのは信用情報に各ローン会社がアクセスして情報を活用するということで、例えばモビットを借入するときにはモビットの審査部門が信用情報を見ます。当然モビット以外にもローンを借りたらその会社から信用情報を照会することになるんですが、どうして同じ信用情報を多くの会社が共有しているのか?ということを知っておいたほうがいいと思います。

信用情報を共有するのにはちゃんとした正当な理由があります。それは借入をする人は同じということです。どういう意味かというと借入をする人、つまりある人がモビットをつかって住宅ローンを借り入れ舌とします。この時に違う銀行と消費者金融を使っていたとしても支払う人は同一人物です。同一人物である以上、支払いの財布は一つなので返済額を撮り合う形になってしまいます。どこかの会社が必要以上に借り入れさせたりすると、他の会社は返済が期待できなくなって貸出できなくなってしまうのです。ですから信用は共有しておく必要があると金融業者は考えているわけです。

たまにブラックでも借入可能というところがありますが、こういう闇金まがいのところは信用情報を参考にせずに自分たち独自で貸出をしています。彼らは借り入れをした人たちがどうなろうが利子を付けて返済をしてくれたらいいと思っています。極端に言えば他のところから借りて返済してくれたらいいと思っているのです。信用情報を共有しない会社から借りるということはかなり危ないことなんですよ。