収入証明なしでもビットで借りられる枠とは

収入証明なしでどこまで借り入れが可能なのか

「借入をモビットでやりたいのだけれども、必要書類は免許証などの身分証明証と給料明細などの収入証明だけでいいの?それを持って行ったらどのくらい借りれるの?」といった口コミの質問がたまにあります。まぁ借りてみたらすべてわかるよとしか言い様がないのですが、借入をするときには確かにモビットでは免許証などの身分証明証があれば簡単に借入は出来ます。ただ、それ以上借入をしようと思ったら収入証明書が必要になるとされています。源泉徴収票などが多いのですが、これを利用する必要があるのはいくらからなのか、というのをご存知でしょうか。

多くの消費者金融やカードローンによってこの基準というのは変わってくるのですが、モビットの場合も同じように他と同じ基準とは言えません。また、人によっても必要な書類も変わってきますし、借入枠も変わってくるのです。例えば一般的には30万円や50万円あたりがひとつの基準になってくるようです。30万円だけの借入枠から更に借入をしようとするなら、収入証明が必要だそうです。ただし人によっては50万円まで可能だという人もいます。

さらにここから収入証明を出して借入をできる枠というのは大体の人が100万円程度だとされています。年収300万円の人が総量規制で借り入れできるぎりぎりの枠が100万円ですから、大抵の人がこの前後くらいで落ち着くというのは納得の数字です。カードローンのモビットを利用する時も同じくらいで、あまりにもたくさんのお金を貸し出すということはないですし、総量規制をはみ出すほどの借入をすることはできません。この辺りは他のカードローン業者と同じでモビットも法令遵守なのです。

というわけで身分証明証のみで借入ができるレベルというのは30万円~50万円位だということがわかり、さらに源泉徴収票などを利用して借入をしようとした場合は最高で100万円前後くらいまでだというのがわかりました。このくらいの借り入れが多いのか少ないのかは人によると思いますが、もっと借り入れをしたいのであればやはり収入を増やすしかないということでしょう。