在籍確認の方法はモビットでも多様になった

在籍確認をしないで利用できるカードローンは増えてきている

何かと色々トラブルが起きやすいサラ金や消費者金融ですが、特にトラブルの種になりやすいのが在籍確認でしょう。在籍確認をするというのは昔から当然のように行われていましたが、今のように貸金業者がルール化されるまでは非常に迷惑な行為が当たり前のように行われていました。例えば職場にやってきて大声で借主の人を読んで、返済を迫るようなこともありましたし、電話を一日中かけて返済するようにと追い込みをかけたりすることもあったそうです。今はそういったことをすると違法なのですが、それでも在籍確認は行われています。

現在モビットを始めとしたカードローンの在籍確認の方法で主流な方法は電話によるものです。会社でちゃんと働いているのか、ウソを書いていないかをチェックするために電話をかけます。一昔前も電話での確認というのはあったのですが、会社名を名乗るので「この人は借り入れをしているんだ」というのがバレてしまっていたようです。今はモビットでも大手などはまず自社の名前を名乗ることはありません。そして名乗らずに確認できるようになっています。

ただこの名乗らないというのもちょっと変なところがあるなと思われたりすることがあるらしく、結局のところカードローンのモビットなどからどういう形であれ連絡を受けたくないという人が多くいます。特に家の中に来たり携帯電話に連絡をもらうならいいけれども、会社には送ってほしくないという人も多くいるわけです。そういう人に対応する形で在籍確認は電話以外の方法を用いるということも増えて来ました。

電話以外の方法を用いるというのは例えば給料明細や健康保険証などのコピーを提出することで、この人はちゃんと働いているんだなというのを証明することになるのです。在籍確認も提出された書類に書いている仕事場で働いているかどうかが問題ですから、そこで働いているのであれば問題はないのです。派遣社員などであれば色々とややこしいことになるので結果的に電話確認をしないといけないとは思いますが、正社員やアルバイトなどの直接雇用ならモビットもそういった他の在籍確認の方法があるので、利用してみてもいいでしょう。