延滞とされてしまうと危険なカードローン

カードローンを使って延滞をすることが一番問題だ

カードローンやキャッシングを使う上で色々とやってはいけないことというのはあります。ウソを書いて申込みをしたり、全く連絡があるのに電話に出ないであるとか悪いことはたくさんあるのですが、よくしてしまうミスであり、かつかなり危険な状況に追い込まれるのが遅延と延滞です。遅延の方はよくあるミスなので、これを繰り返す人は多いですが、そうなると延滞扱いになってしまって、危険なことになりうるので注意が必要です。

カードローンやキャッシングにおける遅延というのは返済を遅らせるということです。モビットを利用していると毎月支払日が来ると思うのですが、その返済日に返済しなかった場合モビットから連絡が来ます。一日や二日遅れた所で特に大したことが起こるわけではないのですが、モビットの場合は3ヶ月ほど遅れた時に延滞扱いになってしまうとされています。おそらく遅延が繰り返されて、さらに連絡もつかないとなった場合はすぐに延滞扱いになってしまう可能性もありますから、その点は注意したほうがいいでしょう。

カードローンやキャッシングを行う場合に遅延になるタイミングは大体3ヶ月とされています。モビットも同じですが、延滞になるとどうなるか?というとブラックとして登録されます。つまり何らかの金融事故を起こした人という信用情報が登録されることになるのです。金融事故を起こした人という登録がされてしまうと、それだけで借り入れなどができなくなります。住宅ローンやクレジットカードなども同じように扱われて、非常に不便な生活を強いられることになります。これが数ヶ月で終わるようであれば問題ないのですが、おおよそ長くて5年は続くとされていて、平均しても3年はブラックとして登録されることになるのです。だから遅延を繰り返して延滞するということは非常に厳しいということです。

こういうことを知らずに平気で遅延する人や延滞する人がいますが、モビットで借入ができないというと、本当に闇金まがいの所でしか借りられなくなって、非常に危険な目に合うことになります。ですからまだモビットなどで借り入れできる時にちゃんと返済しておくべきです。