コンビニの利用がなければモビットも厳しい

コンビニでも利用できるサラ金でなければ若者は使わない

もう今の時代は若い人たちはコンビニがなければ生きていけないという人は多いでしょう。コンビニはすごく便利ですし、利用している人も多いです。あまり安売りなどはしないので、定価に近い販売ですけれども、それでも多くの人がスーパーに行かずにコンビニで買物をしています。24時間開いている、というのも強みになっているのかもしれません。

さて、この24時間開いている便利なコンビニですが最近ではATMが設置されていないところを探すほうが難しくなって来ました。どこでもATMは設置されていますし、24時間対応の銀行もありますからいつでもお金を引き出すこともできるようになっています。このような便利な場所であるからこそ、若者もモビットを利用するのであって、もしコンビニで利用できないとなれば、若い人たちはほとんどカードローンを使わなくなっていくでしょう。

カードローンが急速に利用されるようになったのはカードローンがATMで使えるようになってからです。最初は専用機でしか使えなかったのがどんどんコンビニの提携機で利用できるようになってきたために、多くの若い人たちがカードローンを利用してきたのです。加えて最近ではスマートフォンも使えるようになったので、スマートフォンで借入をする人も増えているのです。たとえモビットやその他の有名カードローンであっても、もしコンビニで使えなくなるとなったら一気に借入をする人が減るでしょう。まず若者は使わなくなりますし、コンビニを常用している人やパソコンが使えない人などにとってはコンビニのATMでモビットを利用することはよくあることなのですから。

というわけでコンビニというのは今や日本人にとって必要な物で、無くてはならない者となっているわけです。昔の人達はこういったコンビニがなくても生きることができていたわけですから、かなり不便をしていたんだろうなと思います。モビットなどもなかったでしょうから借り入れも不便だったのでしょう。若者は今のような便利な時代を生きていてよかったと思っているのではないかと思います。