モビット

融資に安全は欠かせない!モビットなど宣伝が活発な業者が良い理由

お金を借りるのは不安

お金を借りるのに慣れというのも変かもしれませんが、私はそうした事に慣れているわけでも無く、せいぜいお金を借りたと言ってもローンを組んでパソコンを買ったくらいのものです。直接お金を借りたなんて事は無く、そうした事には疎いと言わざるを得ません。

特にお金を直接借りるとなると自分で良い業者かそうでない業者かを見分けないといけず、実際に毎年のように闇金融業者の被害が報告されているという事もあり、こうした事にも当然私は疎く、あまり利用に対しては積極的ではありませんでした。

とはいえ、私の不安とお金の入り用が一致するわけもなく、ついにお金を借りないと家計が回らない自体になりました。大企業勤めなどでは無く中小企業のいち社員でしかない私の給与では、急な出費に対応することにも限度があるのです。

とにかく借り入れに際しての右も左も分からない私は、あることを条件に金融業者を選ぶ事にしました。それは、有名どころかどうかというものです。

有名業者からは安心して借りられます

金融関係について詳しいかどうかで有名どころについても認識が変わりそうですが、私みたいな借り入れに慣れていない人間であっても、テレビCMをしている金融業者というのはすぐに分かります。印象的なCMだとついついフレーズなどが頭に残る事がありますよね。

特にモビットという消費者金融をご存知の方は多いと思います。テレビCMにも芸能人の方は起用してたくさん放送しており、毎日通勤に使っている電車内の電子公告にも表示される事がある、とても有名な業者です。

有名な業者というのはその分利用者も多くその意見なども聞く事ができて、少なくとも違法な業者でないという事がすぐに分かります。それだけでも最低限困る事は無さそうなので、上記のモビットも含めた有名業者について調べてみました。

すると確かにモビットも評判が良さそうだったのですが、今回は銀行のカードローンを作る事にしました。消費者金融も悪く無いですが、やはり銀行の方が評判も良く使いやすいので、私みたいな慣れてない人でも安心度が高いですね。その銀行も広告などの宣伝が積極的で、危ない業者でない事はすぐに分かります。

そうして有名どころからお金を借りれた事で、危なげなくお金を返済し続けていて、今でも困った事があれば変に怖がらず利用ができています。もしも同じ悩みで借り入れを躊躇しているなら、是非有名どころから安心して借りることをオススメします。

若い人向けにスマホが利用できるキャッシングは増えてきた

街を歩いていたらまず見かけないことはないくらい、スマートフォンを持って歩いている若者ばかりです。今はスマートフォンではなくスマホと言われ略されているようですが、このスマホを利用すると色々なことができるようです。特にパソコンでしか出来なかったようなことも、スマホひとつで出来るようになるのです。

今まではパソコンで書類を作っていた人もパソコンで作った書類をスマホで見ながら、習性をすることができるようになったそうです。修正点に気づいてすぐに修正することで、プレゼン資料を完璧なものにすることも出来ます。また、インターネットショッピングもパソコンでやる必要がなくなり、今はスマホでの利用がどんどん増えてきているようです。確かにパソコンを立ち上げるのも時間がかかりますし、それよりも携帯電話感覚で使えるスマホのほうが便利というのもよくわかります。

そして今はモビットを始めとしてスマホ対応の借入が可能なキャッシングというのが増えて来ました。少し前までは1万円ずつ借り入れを専用のATMで行うのが当たり前だったキャッシング業界ですが、モビットを始めとして先進的な企業はどんどんスマホ専用サイトで会員専用ページを利用して借り入れや返済などを行えるようにしているのだそうです。加えて更にモビット以上に進んでいるところではアプリも開発しているようです。アプリ自体はモビットも含めたキャッシングのシミュレーションをしたり、どこに店舗があるかなどを調べることができるものもあり、スマホひとつでパソコンで調べていたことが全てできる時代になりました。

スマホひとつでなんでもできるようになった時代ですから、簡単に若者はこれで買い物をしたり、借入をしたりすることができています。加えて最近ではクレジットカードの利用もできるようになったとされています。これを利用すれば小規模な店舗でも簡単にクレジットカード決済を導入することができるので、買い物客の幅が広がるとされているそうです。なんだかモビットだけでなく色んな所がどんどん進んだことをしているので、ついていけていない気がします。

自営業者でも使える消費者金融がビジネスローンだ

消費者金融のページを見ていたらふと気になったことがありませんか?小さい字や注意事項として書かれているので気にしたことがない人も多いかもしれませんが「事業用には利用できません」ということが書かれています。これはどういうことかというとビジネスをされている中小企業の社長や個人事業をしている人のビジネス用に貸し出しをしているのではありませんよ、ということが書かれているのです。あくまで貸出は個人への融資のために行われているというわけです。

実際にはビジネスに利用している人もいるので、あまり意味のある注意書きではなくなってきているという指摘もありますが、正直に借入をして利用したいという人にはビジネスローンを使うことをおすすめしたいと思います。ビジネスローンはその名の通りで、ビジネスのためのローンであり、個人の生活や趣味のために利用する消費者金融とは違う商品です。取り扱っているのはモビットなどの大手消費者金融ですが、こちらはビジネスのために利用してもいいのです。しかもモビットのビジネスローンはビジネスのためならなんでも利用は可能で、例えばつなぎ融資であるとか資金繰りのためにも使えるし、初めて事業を行う人が立ち上げのための資金として利用することもできるのです。

モビット以外にもビジネスローンはありますが、モビットのビジネスローンのいいところは消費者金融と同じくらいハードルが低いところでしょう。銀行などから借入をしようとした場合、色々と書類を揃えて最悪の場合には連帯保証人なども必要とすることになります。しかしモビットのビジネスローンであればそういった担保なども必要がなく借入をすることが可能です。かつ、少ない金額から借入をすることができるので、スモールビジネスを行なっている人にとってもプラスになります。

ビジネスローンの存在はなかなかモビットも全面に押し出してアピールしていないこともあって、知らない人も多いのですが利用できるようになれば、個人事業や中小企業などを経営している人にとって大きな見方になってくれることは間違いないでしょう。

借金を初めてするならモビットなどの有名業者が一番安心できる

「初めて借金をしようと思います。どこを利用すればいいですか?」こういった質問は質問サイトを見ていたら本当にたくさんあります。まぁ確かに初めて利用するとなればかなりの心配や不安があるのは間違いありません。誰も最初から「大丈夫、何も心配ないし不安もないから」と思って利用していたわけではありません。やはり何かあるんだろうなと警戒しながら利用している人も多いものです。

借り入れをするとなった場合に安心して利用したいと考えるのは当然です。それならおすすめできるのはやはりモビットなどの大手金融業者ではないかなと思います。大手のモビットならば誰もが利用した時に不安を少しでも少なくすることができます。

モビットをおすすめする理由の一つは大手であるから安心できる、ということもありますが、もうひとつの理由としてインターネットや電話での対応が丁寧であるということがあります。コールセンターも用意されてありますから、わからないことなどがあればコールセンターを利用することで不安は解決するでしょう。もうひとつの会員専用ネットページにはいろいろな機能と同時に様々な不安を解消するための情報が載っています。情報を活用することで疑問を解消することができるでしょう。

そして経済的なメリットとしては利息が安いという点もあります。利息が安いといっても他の銀行系カードローンも似たようなところはあります。とは言えモビットは総合的なサービスを考えれば、かなり優秀なキャッシングサービスであり、他の銀行系カードローンに劣らないくらいなのです。また不安という意味では大手でしかも名前を知っているモビットを使うほうが初めての人にとってはプラスが大きいのではないかと思います。利息が更に低いところであれば他にもありますが、有名でないところやサービスが劣っているところもあるのです。

いくつかの理由を総合して考えるとやはりモビットは総合力という意味であ非常に優れているなと思います。初めての人が利用するにはもってこいのキャッシングサービスになっているのではないでしょうか。

年収が高い人でも借金をかなり使っている人は多い

ちょっとした勘違いもあるのは当然ですけれども、立場が違ったりなかなか一緒に過ごしたりすることがない人たちというのは、勘違いしやすい存在だといえるでしょう。お金持ちの人たちというのは特に一緒にいることが一般的にはないので、どういう存在なんだろう?と思うかもしれませんが、あまり我々一般人と変わるところはありません。なので借金をすることもあるのですが、なかなか借金をするということを信じられない人もいるようです。

モビットなどのカードローンを使う人というのはフリーターや主婦など、お金を持っていない人が主流であるのは確かにその通りです。20代30代など、給料がまだまだ少ない人も主流となって使っているので、この辺りは変わりません。ただ、モビットを利用している人全員が年収が低い人たちなのか?というとそうではないのです。実は年収700万円や800万縁ある人達ですらも、モビットを使っていたりします。

十分お金を稼いでいるようにみえるかもしれませんが、こういった年収の高い人達というのは色々とお金を使うことが多いためにモビットを利用しているのです。例えば大きな接待をしないといけないときに現金利用ができるようにとモビットのカードを用意しておいたり、海外出張ように現金を用意できるようにしていたりと、いろいろなことに使っています。また、住宅ローンや自動車ローンで頭金を払ってしまって現金がないという時などにも利用していたりするので、モビットを始めとしたキャッシングに頼っているのです。

結果的に生活費や趣味などのお金が足りないというわけではなく、更にたくさんのお金を使う必要があったり、会社からの清算のお金が入ってくるまでの間のために、年収の高い人達はモビットなどを使っているといえるのです。ですから一般的に思われているお金持ちはほとんど借金をしないだろうという考え方は間違いです。本当はお金持ちもたくさん借金をしているのです。額だけで比較すれば圧倒的に一般人よりも高いお金を借りていると言えるでしょうね。

昔は無理だったが今では千円単位で利用できるモビット

昔と今を比較するのはそんなに意味があるかといわれると、非常に悩ましいところですけれども、貸金業の歴史はすごく進んできているのは間違いありません。昔は貸金業というものは本当に不便なもので、利息だってちゃんと法律で決まっているものでも無く、かなり闇の会社が横行していたのです。そしてそういうものだ、というふうに考えていた人も多かったわけですが、今はそうではなくなりました。

もう少しだけ前の話で言えば、借り入れの時や返済の時にお金を千円単位で使うことができませんでした。今では考えられないかもしれませんが、ATMやCD自体が対応していなかったのです。もっと言えば100円札なんていうものもありましたし、500円札というものもあったために、そういったものとの区別をつけるのが難しかったのです。ですから、千円単位で借り入れや返済を行おうと思ったら、事務所に行って返済をする以外には方法はなかったのです。

今はATMが非常に進んでいて技術が上がっているので、千円単位でも借入が可能ですし、返済も可能になっています。モビットの専用機だけではなく、提携しているATMをつかってモビットを利用しても、千年単位での借り入れや返済は可能です。とは言え今のところはまだまだ1円単位までの対応というのはできていません。コンビニなどの提携ATMはそこまでの機能を備えていないところが多いので、1円単位となるとモビットの場合は振込をするのが一番手っ取り早くなっています。どうしても金利支払いなどがありますから引き落としか振込をする以外に完済をすることは難しいとされているのです。

もしかすると昔は一万年単位でしか借り入れや返済も出来なかったものが千円単位でできるようになったわけで、今後は100円や1円といったものにも対応していく可能性もあります。今は現金の引き出しが基本のモビットなどのカードローンもさらに進化して、デジタルマネーとしてチャージすることもできるようになるかもしれません。今後どのように進化していくのか、貸金業界は非常に注目ですよ。

様々なローンは関連して信用が使われている意味とは

ローンを組んだり借りたりするのは今や当たり前になっていて、どんなにお金持ちの人でも自動車や不動産などを買うときにはローンを組んでいます。先進国ではアメリカで特にその傾向が強くて日本もそれを追ってどんどん借金をするのが当たり前になってきています。もちろんローンをしすぎてあまりにもお金がなくなってしまうようなことや多重債務になることは避けなければなりませんが。

こういうローンを組むということに対して多くの人が理解しておいたほうがいいことが信用情報の使われ方です。信用情報を使うというのは信用情報に各ローン会社がアクセスして情報を活用するということで、例えばモビットを借入するときにはモビットの審査部門が信用情報を見ます。当然モビット以外にもローンを借りたらその会社から信用情報を照会することになるんですが、どうして同じ信用情報を多くの会社が共有しているのか?ということを知っておいたほうがいいと思います。

信用情報を共有するのにはちゃんとした正当な理由があります。それは借入をする人は同じということです。どういう意味かというと借入をする人、つまりある人がモビットをつかって住宅ローンを借り入れ舌とします。この時に違う銀行と消費者金融を使っていたとしても支払う人は同一人物です。同一人物である以上、支払いの財布は一つなので返済額を撮り合う形になってしまいます。どこかの会社が必要以上に借り入れさせたりすると、他の会社は返済が期待できなくなって貸出できなくなってしまうのです。ですから信用は共有しておく必要があると金融業者は考えているわけです。

たまにブラックでも借入可能というところがありますが、こういう闇金まがいのところは信用情報を参考にせずに自分たち独自で貸出をしています。彼らは借り入れをした人たちがどうなろうが利子を付けて返済をしてくれたらいいと思っています。極端に言えば他のところから借りて返済してくれたらいいと思っているのです。信用情報を共有しない会社から借りるということはかなり危ないことなんですよ。

カードローンを使って延滞をすることが一番問題だ

カードローンやキャッシングを使う上で色々とやってはいけないことというのはあります。ウソを書いて申込みをしたり、全く連絡があるのに電話に出ないであるとか悪いことはたくさんあるのですが、よくしてしまうミスであり、かつかなり危険な状況に追い込まれるのが遅延と延滞です。遅延の方はよくあるミスなので、これを繰り返す人は多いですが、そうなると延滞扱いになってしまって、危険なことになりうるので注意が必要です。

カードローンやキャッシングにおける遅延というのは返済を遅らせるということです。モビットを利用していると毎月支払日が来ると思うのですが、その返済日に返済しなかった場合モビットから連絡が来ます。一日や二日遅れた所で特に大したことが起こるわけではないのですが、モビットの場合は3ヶ月ほど遅れた時に延滞扱いになってしまうとされています。おそらく遅延が繰り返されて、さらに連絡もつかないとなった場合はすぐに延滞扱いになってしまう可能性もありますから、その点は注意したほうがいいでしょう。

カードローンやキャッシングを行う場合に遅延になるタイミングは大体3ヶ月とされています。モビットも同じですが、延滞になるとどうなるか?というとブラックとして登録されます。つまり何らかの金融事故を起こした人という信用情報が登録されることになるのです。金融事故を起こした人という登録がされてしまうと、それだけで借り入れなどができなくなります。住宅ローンやクレジットカードなども同じように扱われて、非常に不便な生活を強いられることになります。これが数ヶ月で終わるようであれば問題ないのですが、おおよそ長くて5年は続くとされていて、平均しても3年はブラックとして登録されることになるのです。だから遅延を繰り返して延滞するということは非常に厳しいということです。

こういうことを知らずに平気で遅延する人や延滞する人がいますが、モビットで借入ができないというと、本当に闇金まがいの所でしか借りられなくなって、非常に危険な目に合うことになります。ですからまだモビットなどで借り入れできる時にちゃんと返済しておくべきです。

必要書類を提出しなければならない借入枠は人や業者で変わる

お金持ちの人ほど信用されてお金がない人はあまり信用されないというのは古今東西いつも続いていることです。お金はひとつの社会的信用でもありますから、お金を沢山持っている人イコール立場が高い人であったり社会的に重要な人物というような考え方が世界中にはびこっています。

これを変えることは出来ないと思いますが、そういった立場やお金を持っているかどうかによってかなり人間というのは変わるのだなと思うのがモビットを使う時です。モビット以外のキャッシングも同じですが、たいてい必要書類というのは人を見て変えてくるのです。

モビットなどのキャッシングを使うときに必要書類というのがありますが、その必要書類が人によって必要だったり不必要だったりするのです。この辺りはモビットだけではないですし、全体的に社会がそういう判断を下しているんだろうなというのがわかります。

例えばですがお金をあまり持っていないフリーターの場合はお金を沢山借り入れすることができません。当然返済能力がないからというふうに思われているわけですが、借入枠を広げるために必要書類を提出するように言われます。収入を証明するものなど、かなり早い段階から言われるのです。一方の正社員で大企業で働いているような人手あれば、こういった必要書類を要求されることはあまりありません。それどころか、必要書類がなくてもかなりの額まで借入をすることができるのです。免許証とそこで働いてるという証拠さえあれば、それで十分借り入れをすることできます。働いている場所や収入によって必要書類が必要なラインというのが全然違うので、この辺りは社会を反映しているのだろうなと思います。

大企業や公務員として働いている人は信用されて、主婦やフリーターは信用されていないというのがモビットを利用しているとわかってきます。人によって全く提出しなければならない必要書類が違うのですから、こういったことは差別のように思う人もいるかもしれません。ただ、もう仕方ないことであり、日本だけではないことですから気にしないで生きていくしかないでしょうね。

在籍確認をしないで利用できるカードローンは増えてきている

何かと色々トラブルが起きやすいサラ金や消費者金融ですが、特にトラブルの種になりやすいのが在籍確認でしょう。在籍確認をするというのは昔から当然のように行われていましたが、今のように貸金業者がルール化されるまでは非常に迷惑な行為が当たり前のように行われていました。例えば職場にやってきて大声で借主の人を読んで、返済を迫るようなこともありましたし、電話を一日中かけて返済するようにと追い込みをかけたりすることもあったそうです。今はそういったことをすると違法なのですが、それでも在籍確認は行われています。

現在モビットを始めとしたカードローンの在籍確認の方法で主流な方法は電話によるものです。会社でちゃんと働いているのか、ウソを書いていないかをチェックするために電話をかけます。一昔前も電話での確認というのはあったのですが、会社名を名乗るので「この人は借り入れをしているんだ」というのがバレてしまっていたようです。今はモビットでも大手などはまず自社の名前を名乗ることはありません。そして名乗らずに確認できるようになっています。

ただこの名乗らないというのもちょっと変なところがあるなと思われたりすることがあるらしく、結局のところカードローンのモビットなどからどういう形であれ連絡を受けたくないという人が多くいます。特に家の中に来たり携帯電話に連絡をもらうならいいけれども、会社には送ってほしくないという人も多くいるわけです。そういう人に対応する形で在籍確認は電話以外の方法を用いるということも増えて来ました。

電話以外の方法を用いるというのは例えば給料明細や健康保険証などのコピーを提出することで、この人はちゃんと働いているんだなというのを証明することになるのです。在籍確認も提出された書類に書いている仕事場で働いているかどうかが問題ですから、そこで働いているのであれば問題はないのです。派遣社員などであれば色々とややこしいことになるので結果的に電話確認をしないといけないとは思いますが、正社員やアルバイトなどの直接雇用ならモビットもそういった他の在籍確認の方法があるので、利用してみてもいいでしょう。

自由な自営業だがお金や借金には苦労しがち

サラリーマンで働いている人、時給で働いている人に取っては「自営業で働いている人は楽そうだな」と思うようです。確かに自営業は自由なイメージがあるかもしれませんが、自由なだけではありません。実際に自営業にもいろいろな種類があって、弁護士事務所のようなところも自営業ですし八百屋や肉屋のようなものもあれば、マッサージや整体と言ったものもあります。またインターネット系の仕事をしている人や保険代理店の仕事をしている人などもいて、結果的に自営業も同じように働いていて、時間や取引先に拘束されることが多いので、以外に自由が聞かなかったりします。

加えて自営業の人はモビットなどを利用している人は多いです。借金をしている人が多いのには理由があって、それだけ生活が安定しないのです。自営業で仕事をしているとどうしても借り入れをしなければ生活できないくらい、儲けがない時が出てきます。儲けがないから借入をして、そのお金を使って生活をして、なんとか事業を回していくということはよくあることです。自営業者の人たちはモビットなどの借金からは離れられないのです。

加えて更に大きな仕事をしていこうとするとモビットなどのカードローンから、銀行や信用金庫などからお金を借りないといけません。数人の従業員を雇っている会社は確実に何らかのお金を借りていると思ったほうがいいでしょう。モビットの場合は自営業の事業に対してお金を貸してくれない制度になっていますから、ビジネスローンを別で組んで使っているのです。サラリーマンは自分の仕事にお金を借りてまで行う必要がないので、圧倒的に自営業は自由かもしれないですがリスクの部分では自営業の方が高いと言えます。

というように自営業というのは自由は確かにあるかもしれないですが外から見ているほど、自由ではないということです。そしてモビットを使わないといけないほどお金に困ることもあるし、さらに借金をして事業を回して行かないといけない時もあるので、どちらかと言うとサラリーマンの方が楽なんじゃないか?というふうに見えることもあるのです。